Monthly Archives: 4月 2014

長年便秘で悩んでいました

私は社会人になってから、長年便秘で悩んでいました。出ないときは5日以上出ないときもあって、とてもお腹が張った状態になります。毎日お通じがあって快便でいられれば、体調もよくなるんだろうなぁと感じています。私は便秘体質を治したいなぁと思って、お通じが良くなるようにいろいろやってきました。
私は下剤などの薬に頼ることはしたくなかったので、とりあえず適度に運動をすることにしました。私はあまり運動はしてこなかったので、体の調子も悪かったんだと思います。毎日ウォーキングをすることにして、適度な運動をしたあとは、ちゃんと水分をとるようにしました。適度な運動をして水分をちゃんととることは、便秘改善にはとてもいいらしいです。

それから、規則正しい生活をして朝起きたらストレッチをすることにしました。朝に体を動かすと腸の動きが活発になるそうです。それにヨーグルトも食べるようになりました。ヨーグルトを食べてからは便秘もあまりしなくなりました。食生活も改善したので、かなり便秘体質も改善してきました。良かったです。

ひどい便秘の解消法

便秘は誰でもなる可能性がある病気ですが、これが悪化してしまうと体に大きな影響を与えます。
例えば便が2週間から3週間の間全く出なかったり、痔ができてしまうなど、様々な悪影響がおこります。
便秘の状態がここまで悪化してしまうと、普通の便秘対処法では解決できない場合もあります。
一番は便秘になっている原因を取り除くことがですが、それと同時に応急処置ともいえるケアをしていく必要があります。
もっとも簡単にできるケアの方法としては下剤を飲むことです。
下剤は便が詰まった腸に刺激を与えて普段よりも便が出やすい状態を作ってくれます。
しかし、下剤を多用していると腸の活動が弱くなってしまうので、できるだけ使用しないほうがいいといわれています。
またどうしても改善しないときは病院に行くことも便秘を改善していくうえで必要になってきます。
病院の内科ではこういった便秘についての治療を行ってもらえますし、病院によっては便秘外来という科がある場所もあります。
正確な医師の判断で便秘を直していくことができます。
便秘がたびたびあるのは仕方がないことですが、長期的に続く場合は一種の病気なので、病院や薬でしっかりと対処していく必要があります。

便秘を解消するいくつかの方法

便秘になると肌荒れやおなかの張り、出そうと思って力む為に痔にもなりやすいので出来れば早いうちに解消したほうが良いです。
解消方法はネットや書籍を調べれば分かりますが、定番なのは食物繊維や水分摂取であり定番の便秘改善方法だけでは便秘が解消されることは少ないので、複合的なことを試すほうが良いでしょう。
たとえば、普段の食事を和食にして牛蒡や野菜をしっかりと食べつつトイレに行くたびに水を飲んで自然に水分摂取をし、腸を動かすために腸マッサージ、炭酸水を飲むという方法などもオススメです。
どちらにしても、便秘になってから便秘解消方法を試しても効果には個人差がありますので、普段から便秘にならないような生活を送ることが大切です。
便秘解消方法の最終策として便秘薬がありますが、便秘薬は使うと腹痛を起こす場合があり、あまりにもあっさり解消されることから薬に依存する人も少なくないので、便秘薬は本当に最終手段として使いましょう。

旅先で便秘薬が飲めないイヤな思い出

私は旅行中によく便秘になるので困っています。食生活や睡眠時間が
少しでも違うと便秘になってしまう体質で、旅先ではその症状が顕著に
現れます。
普段と同じ様に便秘薬を使って出したいところですが、旅先での便秘薬使用には
強烈にネガティブな思い出があり、今でも手が出せないのです。
高校2年の修学旅行は北海道のスキー旅行でした。とても楽しみに
してたのですが、私は数日前から便秘気味でした。全部出してからスキーを
思い切り楽しみたいと思ったので、出かける朝、便秘薬を飲んだのです。
しかしその薬が効きすぎて、飛行機の中で腹痛になり、何度もトイレに
駆け込みました。北海道に到着して腹痛は治まっても便はゆるいままで、
結局スキーはできずホテルの部屋でずっと待機…今思い出しても悔しいです。
今でも旅先での便秘対策はミネラルウォーターをやや多めに飲むことぐらいです。
スッキリ出してから存分に旅を楽しめたらどんなに素晴らしいかと思いますが、
悲惨な失敗はもう繰り返したくありません。