ひどい便秘の解消法

便秘は誰でもなる可能性がある病気ですが、これが悪化してしまうと体に大きな影響を与えます。
例えば便が2週間から3週間の間全く出なかったり、痔ができてしまうなど、様々な悪影響がおこります。
便秘の状態がここまで悪化してしまうと、普通の便秘対処法では解決できない場合もあります。
一番は便秘になっている原因を取り除くことがですが、それと同時に応急処置ともいえるケアをしていく必要があります。
もっとも簡単にできるケアの方法としては下剤を飲むことです。
下剤は便が詰まった腸に刺激を与えて普段よりも便が出やすい状態を作ってくれます。
しかし、下剤を多用していると腸の活動が弱くなってしまうので、できるだけ使用しないほうがいいといわれています。
またどうしても改善しないときは病院に行くことも便秘を改善していくうえで必要になってきます。
病院の内科ではこういった便秘についての治療を行ってもらえますし、病院によっては便秘外来という科がある場所もあります。
正確な医師の判断で便秘を直していくことができます。
便秘がたびたびあるのは仕方がないことですが、長期的に続く場合は一種の病気なので、病院や薬でしっかりと対処していく必要があります。

Comments are closed.